包茎手術の体験談と5年経ったチンコの状態

包茎手術ってどういうもの?

ということを今さら説明しなくても、当サイトを見る方ならなんとなくわかってますよね。

包茎(仮性包茎・真性包茎・カントン包茎)を治すために、ちんこの亀頭にかぶっている包皮(ちんこの皮)を手術で切除して、亀頭をむき出しの状態にする手術のことです。

何の目的で手術をするのか?というと、人によっていろいろな理由があります。

  • 不衛生(性病になりやすい)
  • チンカスが溜まって不快なニオイがする
  • セックスが正常にできない
  • 勃起できない
  • 早漏になりやすい
  • ちんこが小さい(亀頭が先細り)
  • 単に包茎のちんこが恥ずかしい

セックスができない、病気になりやすいなど、実際に身体的に障害がある悩みから、包茎のちんこは恥ずかしいという精神的な理由までいろいろあります。どれも症状を治したり、コンプレックスをなくすためには重要なことです。

ですが、ちんこにメスを入れる(手術する)となると、心配なのが手術後のちんこの状態。

  • 痛みはないのか?
  • 見た目はキレイにになるのか?
  • 手術跡は残らないのか?
  • ツートンカラーにならないのか?
  • セックスの感度はどうなのか?
  • 突っ張るような違和感は残らないのか?

など、実際に包茎手術を受けてみないとわからない不安点はたくさんあります。

僕も不安でした。

そこで当サイトでは、実際に包茎手術を受けた僕の経験から、手術後のちんこの状態から、包茎手術をしてから5年経った今の状態をご紹介します。

※なお、本来なら実際にちんこの状態の写真を載せたいところですが、人のちんこの写真は醜いものだし、ネットの特性上載せてしまうとアダルトチックになってしまうので、写真の掲載はしません。それでも手術を受けたことは事実なので、ぜひ最後まで読んでご参考にしてみてください。

包茎手術直後の状態

包茎手術直後~1ヶ月くらいまでのちんこの状態をご紹介します。

痛み

手術直後は麻酔が効いているので全く痛くありません。

手術から3,4時間で麻酔が切れてくるのですが、麻酔が切れるとさすがにジンジンと重い痛みが続きます。僕の場合、痛み止めがないと我慢できなかったので、クリニックで処方された痛み止めを飲みました。

強い痛みが手術後1日半くらい続きます。
その後、痛みはだんだんと弱くなりますが、最終的に完全に痛みがなくなるまで1週間くらいかかりました。

痛みは1週間くらい残りますが、病院から処方された痛み止めが5日分あったので、5日間は痛み止めで抑えていたし、6日目、7日目くらいは痛みもかなり弱くそれほど気にならないほどでした。

包茎手術から1週間経ってからは痛みは完全になくなりました。

見た目のキレイさ

見た目については手術直後から1ヶ月くらいまではあまりよくありません。

まず切って縫合した傷口が生々しく残っています。時間が経つとだんだんとキレイになっていくのですが、手術後1ヶ月くらいではそこまでキレイにならないで、縫合痕が残っていたり、かさぶたが残っていたりします。

また、人によっては縫合した部分を中心にして、輪っかのようにブヨブヨと腫れることがあります。

僕も手術後に縫合した包皮部分がブヨブヨと腫れて、それが3週間くらい続きました。なかなか腫れが引かないので、クリニックのアフターケアサービスに相談しましたが、手術後2週間から1ヶ月くらいブヨブヨと腫れる状態が続くそうです。

僕の場合、3週間くらいしてから徐々に腫れが引いて、1ヶ月するころには腫れはほとんどなくなっていました。

手術跡

包茎手術から1ヶ月くらいは手術跡が残ります。

見た目のキレイさのところでも説明しましたが、縫合した部分の傷跡が生々しく残っていて、そこから1週間くらいは血が滲んできます。包茎手術後1週間くらいは包帯でぐるぐる巻きにするのですが、最初の2,3日は包帯から血が滲んできました。

もちろん縫合した傷跡が開くなんてことはありませんが、包帯を取ってからも縫合した痕は残るし、縫合した部分にかさぶたのような状態は残ります。

僕の場合、手術痕が完全になくなって目立たなくなるまで1年くらいはかかりました。

ですが、時間はかかりますが、最終的には痕が全く目立たなくなるまでキレイになるので安心してください。

ツートンカラーになるのか?

ツートンカラーにはなりません。

包茎手術について調べていると「ツートンカラーになる可能性がある」といった内容で不安を煽るサイトもありますが、完全に勉強不足です。

ちゃんとした手術方法を選んでいればツートンカラーにはなりようがないからです。

ツートンカラーになってしまうのは、包皮を亀頭のカリと陰茎の途中で縫合してしまうからです。「クランプ」という機械をつかった手術方式の場合ツートンカラーになる恐れはあります。(それでもほとんどのケースでツートンカラーにはなりません)

包茎手術にはいろいろな方式があって、「複合曲線作図法」や「亀頭直下埋没法」といった術式だと、亀頭のカリに隠れるように手作業で縫合するので、ツートンカラーになりようがありません。色は全くの自然の状態になります。

しかも、縫合跡も亀頭のカリ付近に隠れるようになるので、手術したことがわからないようなキレイな仕上がりになります。

セックスの感度は?

セックスの感度は問題ありません。今までどおりしっかり気持ちよく感じることができます。

セックスの感度が落ちる原因は、包皮小帯といわれる性感帯を切ったり縫ったりすることが原因と言われています。

先ほどご紹介した「複合曲線作図法」や「亀頭直下埋没法」なら、包皮小帯を傷つけることなく包茎を治すことが可能なので、手術の内容的にセックスの感度が落ちる要因はありません。

もちろん、包茎が治り亀頭がむき出しになるので、今までの感じ方とは異なる人もいると思います。それは包茎を治したことによる変化です。感じ方は違っても感度が落ちることはありません。

突っ張るような違和感は?

突っ張るような違和感は人によります。
僕は、包茎手術後に突っ張るような症状が出て、それがしばらく続きました。

包茎手術をしてちょっと落ち着いた2週間後くらいから突っ張るような感覚が出はじめて、最終的に突っ張り感がなくなるまで半年くらいかかりました。その間何度かクリニックに相談しましたが、いつも丁寧に対応してくれて治療法も提示してくれました。

最終的には「徐々に突っ張る感覚も落ち着いてくる」という担当医の意見を信じてしばらく様子をみました。半年くらい経ってからはそれほど気にならなくなり、1年後くらいには完全に違和感はなくなり、気になっていたことも忘れるくらいでした。

以上が、包茎手術をしてから1ヶ月後くらいまでのちんこの状態です。

包茎手術をしてから5年後の状態

僕が包茎手術を受けてから5年が経過しました。

結論から言うと、包茎手術をしてから5年経った今は全く問題ない正常なちんこになっています。

包茎はもちろん治っているし、感度も勃起も問題ありません。違和感なく感じることができるし、ギンギンに勃起してもちんこに支障はありません。

亀頭が大きくなった

包茎が治ったことによる一番の効果は「亀頭が大きくなったこと」でした。

僕は包茎だったころは、先細りの亀頭で男らしくない情けないちんこがコンプレックスでした。

包茎が治って亀頭が包皮から解放されると、徐々に亀頭が大きくなりはじめて、5年経った今では男らしい太さのある亀頭に成長しました。陰茎自体が長くなる(ちんこ自体が大きくなる)ことはありませんが、亀頭が大きくなったことによって、見た目も男らしくなり、小さくて情けないといった印象は完全になくなりました。

コンプレックスから解放された

包茎が治ってコンプレックスから解放されました。

それまで友達と温泉やプールに行くのもちょっと躊躇してました。完全に亀頭の先まで皮がかぶった包茎で、子どものようなちんこだったからです。

でも今は、温泉に行ってもタオルで隠すことなく堂々と歩けるようになりました。別に見せびらかすつもりはありませんが、包茎を見られているような情けない気持ちからは解放されて、伸び伸びと温泉を楽しむことができています。

手術した後も完全になくなり、元から普通のちんこのようなキレイな状態になるので、見た目の違和感も全くありません。

最初は「包茎手術を受けて本当に良かった~~」と、幸せを噛み締めていましたが、今は「包茎じゃないことが普通になった」ので、特別裸になることも気にすることもなく、普通に生活しています。

彼女とのセックス

彼女とのセックスは、包茎手術から半年後くらいにはじめてしました。

そのころになると、手術跡もなくなって完全に普通のちんこです。勃起も正常、感度も正常。

最近では、亀頭が太くなったことによって勃起したちんこも力強くなり、以前よりもお互い感度が増してかなり充実したセックスができるようになっています。付き合う期間が長くなってもセックスが楽しめるのは、お互いの関係にもいいことです。まあこれは、包茎が治った身体的なことよりも、気持ち的(自信とか)の部分が大きいと思いますが。

僕が包茎手術を受けたおすすめクリニック

包茎手術は安心して安全に受けられる手術です。

外科手術の中でも簡単な手術なので、実績のあるクリニックでちゃんとした手術の術式を選べば失敗することはないし、違和感などの後遺症が残る心配もありません。

僕が包茎手術のことについて、くわしくは以下のようなサイトもあります。

包茎手術のおすすめクリニックを紹介するサイト

包茎・包茎手術・包茎クリニックのことがわかりやすく解説されているので、僕が包茎手術を受けるときも参考にさせてもらいました。

包茎手術で包茎が治ると世界が変わります。
コンプレックスがなくなることがこれほど自分の自信につながるとは思いませんでした。

「ちんこの手術」という点で若干不安になるかもしれませんが、もし包茎で悩んでいるのなら、ぜひ勇気をだして包茎手術を受けてください。お金を払う以上の価値がありますよ!

ちなみに、僕が包茎手術を受けた病院は「上野クリニック」です。

上野クリニック

上野クリニックは

  • 知名度・実績No.1で安心・安全
  • 傷跡が残らない手術方式がある
  • 入院も必要なし、半日で終わる
  • 24時間の電話アフターケアがある
  • 全国の主要都市にあって行きやすい

という他の病院にはない特徴があり、上記で紹介したサイトでも評判もよかったので決めました。

実際に僕も手術を受けて、傷跡もなく違和感もない綺麗なチンコになったので大満足です!

上野クリニックの公式サイトはこちら